JUMPRIZE

ジャンプライズ公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Ameblo
 · 

テスター新田氏のレポート

こんにちは。テスターの新田です。
昨年の記録的豪雪が影響しているのか、水温が低くなかなか渋い状況が続いています。
ホタルイカが接岸しているのにフィッシュイーターが全くベイトについていません。
そんな状況下を打破するのにもってこいなルアーが、かっ飛び棒130BR。
前回も同様、かっ飛び棒130BRの圧倒的な飛距離が釣果に繋がっています。
この時期は南風が吹くとホタルイカが接岸しやすいため、南風は釣果アップの要因となり、富山県は南風が追い風となるため、かっ飛び棒130BRの飛距離が更にアップします。
追い風に乗せて、かっ飛び棒130BRをフルキャストすると着水点は約110m前後。
カウントをとり、1番潮が効いているところを引いてきます。
ストップ&ゴーで、ストップ中にかっ飛び棒130BRのバックロールも織り交ぜながら潮が緩くなったら即回収。
このパターンでフォール中のバックロールアクションに、たまらず口を使ったシーバス。
かっ飛び棒130BRのバックロールアクションが魚のスイッチを入れているかの様に、フックもしっかり刺さっています。
かっ飛び棒130BRを使った遠距離線のパターンをやる上で、ロッドはALLWAKE110SUPERMULTIを使用しました。
かっ飛び棒130BRのウエイトをしっかり乗せて振り切れ、追従性のあるブランクスはシーバスの引きをしっかりホールドし、難なくキャッチすることが出来ます。
渋い状況下だからこそタックルの選定が必要になってきます。
そういう状況下にはかっ飛び棒130BRとマルチシリーズのロッドを使った遠距離戦がオススメですよ‼︎

 

JUMPRIZEテスター

新田聖